« サルティンボッカ | トップページ | コロッセオ »

フォロロマーノ

まずは皇帝や貴族が住んだ高貴な丘、パラティーノ

 初代ローマ皇帝アウグストゥスの住居もここパラティーノにあり、以降の皇帝たちも次々と壮大な宮殿を建てたそうです。

 スタディオ。馬場として使用されていたようです。

 パラティーノから見下ろしたフォロロマーノ

 セプティミウス・セウフェレスの凱旋門。紀元203年にパルティア人への勝利を記念して建てられたそうです。

 中央奥あたりは、紀元前80年、独裁官スッラ時代に建てられたタブラリウム(古文書館)。

その前がドミトリアス帝が父帝、兄帝を祭る為に建てたヴェスパシアヌスの神殿。

右は紀元前367年に貴族と平民が和解したリキニウス法成立の記念であるコンコルディア神殿。

左は共和政成立後、間もなくの紀元前五世紀初頭、ローマで一番初めに建てられた神殿とされるサトゥルヌス神殿。

 紀元141年、アントニウス帝が亡き妻ファウスティーナへ捧げた神殿。現在は基壇を利用した教会があります。

 紀元306年、マクセンティウム帝が着工、彼を破ったコンスタンティヌス帝によって312年に完成。古代ローマ建築の中でも最も巨大で荘厳な建築のひとつと言われるバシリカ。とにかく大きかったです。

|

« サルティンボッカ | トップページ | コロッセオ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115492/43989440

この記事へのトラックバック一覧です: フォロロマーノ:

« サルティンボッカ | トップページ | コロッセオ »